ビジネスブログ

家系図作成
お問い合わせ
家系図作成
認知と戸籍
2018年05月04日 [戸籍]
今はGW期間中ということで、5月1日・2日に休みを取ると9連休になります。4人に1人が有給休暇をとるとのことのようですから羨ましい限りです。
5月2日は八十八夜です。八十八夜を目安にして野菜を露地に植え替える作業を始める農家は少なくないようです。茶摘みの歌があるようにこの時期に摘まれたお茶は質が良く、飲むと長生きをするといわれています。
日頃、我が家ではコーヒーが主になっており、以前に比べて日本茶を飲む機会が少なくなりました。
初摘みのお茶はこの時期から売られるようです。早速、買いに行きたいと思います。

茶畑と富士

先日、家系図作成のため戸籍を見ていたところ、新たな発見がありました。
認知についてです。
婚姻関係のない男女の間に子(A)が生まれた場合は、Aは非嫡出子として母の戸籍に入り、Aの父の欄は空白になります。しかし、今回、見た戸籍には、Aは出生とともに父の戸籍に入っており、Aの父母の欄にそれぞれ名字の異なる父と母の姓名が書かれており、続柄は「長女」でなく「女」となっていました。この場合、Aは非嫡出子ということになりますが、取り寄せた全ての戸籍を見ても、どこにも認知した旨書かれていないのです。これは現行法令上あり得ないことです。

現行法令上、認知後、子が父親の戸籍に入るための流れは次のようになります。
1 婚姻関係のない男女の間に子が生まれた場合、その子は母の戸籍に入る。戸籍の父の欄は空白となる。
2 その後、父が認知をすると父の戸籍に認知した旨記載される(認知日・認知した子の氏名・認知した子の戸籍)。
3 母の戸籍の子の欄に父から認知された旨記載される(認知日・認知者の氏名・認知者の戸籍)。
4 その後、Aが父の戸籍に入るためには、家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立」を行い、許可の審判が下りたら、父の本籍への入籍届をすることにより父の戸籍に入る。

ただ、Aは旧民法時の戦前に生まれていることから調べてみたところ、旧法当時は、認知により認知者の戸主の同意があれば認知者たる父の戸籍に入ることとし、認知事項は子の事項欄に記載することとされていたのです。これで出生と同時に父の戸籍に入っていることの疑問は解けましたが、認知した旨の記載がどこにもありません。
当事務所では、家系図作成の目的でも直系尊属の生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍を請求しているため、役所のミスがなければ取得漏れの戸籍はないはずなのです。そのため、私はその戸籍を交付した市役所に問い合わせたところ、再度、父親が生まれてから亡くなるまでの戸籍を請求してほしいとのことであったため、理由を書いて再請求しました。
その後、当該役所から電話があり、既に請求された全ての戸籍を発行しているので出せる戸籍はないとのことで、内容から認知しているのは間違いなく、考えられることは戦前(昭和)のことでもあり認知事項を書かなかったのではないかとのことでした。
戸籍も奥が深いものです。