ビジネスブログ

家系図作成
お問い合わせ
家系図作成
2018年03月03日 []
今日3月3日は桃の節句です。節句とは季節の変わり目という意味があります。今日は、朝から快晴で風もなく、今日を境に冬から春に変わってしまったのではないかと思うような暖かさです。

このところ、連日のようにテレビなどで紹介される伊豆半島にある河津桜で有名な河津町に行ってきました。
東名高速で沼津インターを降り、伊豆中央道を経由して修善寺まで行き、そこから一般道を走りました。
途中、天城峠の手前にある「浄蓮の滝」に立ち寄りました。

浄蓮の滝看板

駐車場からの階段を下っていくと滝が見えてきます。
浄蓮の滝階段

滝の落差は25m、幅7mとのことで、日本の滝百選の一つに選ばれているそうです。
浄蓮の滝

浄蓮の滝というと、石川さゆりさんの「天城越え」の歌詞に出てくることでも有名です。
滝の前に石川さゆりさんの歌碑がありました。
石川さゆり歌碑
https://www.youtube.com/watch?v=RHvV8CvLfUA
名曲ですね。

記念写真を1枚。
浄蓮の滝にて

その後、車で天城峠を越えて河津町に着きました。天城峠は川端康成の「伊豆の踊り子」の舞台になった場所です。

河津桜は、昭和30年頃、河津町に住む飯田さんという人が偶然発見した桜の苗を植えたことが始まりで、早咲きの大島桜とヒカンザクラ系の自然交配種とのことです。
シーズン中の人出は90万人を超えるとのことですので、今日は、休日で天気が良いこともあり数万人の人出かと思います。駐車場に入るための渋滞があり、2時間以上は待つことになりました。
渋滞を考えるとできることなら平日が良いのかもしれません。

河津桜1

河津桜2

河津桜3

河津桜4

今日は、出発は朝8時で帰宅は午後10時過ぎになってしまいました。
結局、家系図の仕事は何もできませんでしたが、しっかりと仕事のエネルギーを充電できた貴重な一日になりました。



2017年09月18日 []
三連休の最後の日。台風も通り過ぎて天気も回復したため、長野県茅野市の八ヶ岳の麓にある御射鹿池(みしゃいけ)に行ってきました。
御射鹿池は人工の小さなため池ですが、農林水産省の全国ため池百選に選ばれたとてもきれいな池です。
吉永小百合さんのシャープAQUOSのCMで有名となり、一度は行ってみたいと思っていました。
今日は晴れということなので早朝に車で出発しました。中央高速を2時間ほど走り、諏訪インターを降りて30分ほど走ると到着です。
池は個人所有で観光化されていないため、昨今の人気のせいか新しい駐車場が整備されていましたが、それ以外、売店やトイレもないひっそりとした所にありました。カーナビがないと辿り着けないような場所です。
池は道路沿いにありました。

御射鹿池
御射鹿池は季節や時間帯によってその美しさを変えると言われ、神秘的な雰囲気があります。
5分ほど写真を撮って、次の目的地の横谷温泉に向かいました。
そこから15分ほどの近い場所にあります。
温泉の近くにある「乙女滝」に立ち寄りました。

乙女滝
写真ではあまり迫力を感じませんが、実際は水量や音にやや圧倒されます。


温泉に到着です。

横谷温泉
早速温泉に入りました。温泉は黄金色です。湧きだすときは無色なのですが、鉄分を多く含んでいるため空気に触れることで色が変わるそうです。1回の入浴でレバ刺し一皿分の鉄分が体内に入るとのことですから、貧血美味の人が湯治したら効果がありそうですね。
2時間ほど滞在して、昼過ぎには帰路に就きました。
帰ってから一休みして、夕方からは仕事(家系図)をしています。
変化のある一日でした。

2017年02月04日 []
今日は、足利フラワーパークに車で出かけてきました。
足利フラワーパークのイルミネーションは関東で1番の人気があるということです。
フラワーパークでの今年のイルミネーションは明日(2月5日)で終わりということと、天気予報では春の暖かさになるということなので、気分転換に出かけてきました。
距離にすると130qほどですが、圏央道と東北自動車道と全区間高速道路を利用することができるので2時間程度で到着します。
朝、10時頃出発し、昼食は宇都宮で餃子を食べたり、栃木市にある岩下の新生姜ミュージアムに行ったりして時間を調整し、午後4時半頃、フラワーパークに着きました。

夕暮れ時

イルミネーションは明日で終わりということもあってか、たくさんの人出でした。
午後5時過ぎくらいになると日も落ちました。夕焼けとイルミネーションがマッチしています。

足利フラワーパーク夕焼け

ここでは350万球を使っているそうです。素晴らしい光のファンタジーです。
午後6時頃、完全に日が暮れました。

イルミネーション

光と音楽の幻想的な世界に大満足。午後6時半頃、帰路に就きました。


2016年12月04日 []
今日は、郷愁を感じるトロッコ列車に乗ってきました。
千葉県の内房線五井駅から外房の大原駅までを繋ぐ小湊鉄道(途中からいすみ鉄道に変わりますが)というローカル線があります。この春からその鉄道でトロッコ列車が走り始めたということで、本日、観光バスを利用して出かけてきました。そろそろ紅葉も終わりという時期なのですが、温暖な房総半島ではまだ紅葉が楽しめます。
午前7時頃、相模原を出発し、東京湾アクアラインを走って一気に小湊鉄道の終点に近い養老渓谷駅まで行きました。
小湊鉄道はほとんどが無人駅なのですが、トロッコ列車の始発駅である養老渓谷駅は多くの観光客で賑わっており、その整理のために何人かの駅員さんがいました。

養老渓谷駅
9時32分発のトロッコ列車に乗車しました。
トロッコ列車は蒸気機関車みたいですが、大分ミニサイズでディーゼルエンジンで走ります。

トロッコ列車
行き先は、上総牛久駅で乗車時間約40分です。
トロッコ列車は4両のうち2両には窓の部分が開放されたいわゆるトロッコ仕様になっています。
私たちは窓のない車両に乗りました。今日は快晴で暖かいとはいえ吹き込む風は冷たく感じます。

トロッコ
長閑な山里の風景が続きます。

山里の風景

午前10時半過ぎくらいに上総牛久駅に到着しました。
トロッコ列車に興味のある方は、次の小湊鉄道のホームページをご覧ください。
http://www.kominato.co.jp/satoyamatorocco/#home

これは春の小湊鉄道です。まるで昭和にタイムスリップしたようです。
https://www.youtube.com/watch?v=GlaA_1YGshQ

その後、茂原市に近いところにある笠森観音に立ち寄りました。
笠森観音は、延暦3年(784)に岩の上に建てられた日本唯一の「四方懸造」という建築様式で国の指定重要文化財となっているそうです。境内には松尾芭蕉が観音堂の上で詠んだといわれる句碑がありました。
「五月雨に此笠森をさしもぐさ」

笠森観音
ここも多くの参拝客でにぎわっていました。
その後、昼食や土産物屋に寄って、午後7時頃、帰宅しました。
これで今年は出かけての紅葉は見納めになりそうです。

2016年08月27日 []
今日は中央アルプス木曽駒ケ岳の高山帯にある「千畳敷カール」へ行ってきました。
朝5時半に起きて、中央高速を車で走り、途中、高速のサービスエリアで休憩をとりながら4時間ほどで駒ケ根市にある「菅の台バスセンター」に到着しました。そこからは一般車両は進入禁止となっているため、路線バスを利用することになります。路線バスで30分登ると駒ケ根ロープウェイ「しらび平駅」に着きます。
ロープウェイに10分ほど乗ると日本で一番高い所にある駅「千畳敷駅」(海抜2612ⅿ)に到着です。
ここまで自力で登ってくるとしたら体力は限界に近いのでしょうが、座っていたら着いてしまいました。文明の利器ですね。
気温は18℃で肌寒く、持ってきた重ね着用の服を着ました。100m高くなると約0.6℃気温は下がるそうです。
途中、ロープウェイの中からの写真です。

駒ケ岳ロープウェイ
ここのロープウェイは晴れの行楽日和の日だと待ち時間が2時間にもなるとのことですが、今日は幸い?曇りだったので、ほとんど待ち時間はなく利用することができました。
千畳敷駅を降りると、アルプホルンの演奏をしていました。説明では、ホルンは木曽桧木の根の曲がった間伐材を使っての手作りだそうです。中央アルプスに相応しい素晴らしい音色です。

アルプホルン
そこからは、千畳敷カールの遊歩道の散策をしました。千畳敷カールは約2万年前、氷河期の氷で削り取られてできたお椀型の地形です。
写真の左側は中岳(2925m)、木曽駒ケ岳(2956ⅿ)に続く登山道です。ロープウェイでこの高さまで来れると木曽駒ケ岳までの標高差は340mほどですから、初心者でも登れるとのことです。ちなみに僅か340mでも片道2時間、往復4時間になりますので、それなりの登山の準備をしていないと登れません。

千畳敷カール
たくさんの高山植物がありましたが、赤い実を付けたナナカマドがとてもきれいです。霧でついた水滴が光っています。赤い実は美味しそうに見えますが、とても苦くて食べられる代物ではないそうです。
千畳敷カールに到着してからの1時間程の間でも霧がかかって山がほとんど見えなくなったり、一瞬のうちに霧がきれいになくなって青空が出たりと、山の天候はめまぐるしく変わります。わずかな間ですがきれいに霧がなくなってくれたのは幸運でした。
もう少しすると山全体が真っ赤に紅葉したナナカマドで覆われると思います。

ナナカマド
40分ほどで元の千畳敷駅に戻ってきました。
今日は楽をして高い山に登ることができました。次回は更に足を延ばして木曽駒ケ岳まで行きたいですね。
帰りの高速は18qほどの渋滞で、家に帰ったのは午後8時になりました。
今日はすっかり仕事(家系図)を忘れた一日になりました。


2016年06月12日 []
関東地方も梅雨入りしたのですが、なぜか雨が降りません。「関東の水がめ」となっている利根川水系の8つのダムの平均貯水率が40%を切るまで落ち込んで、渡良瀬川流域では10%の取水制限を始めたようです。
梅雨はこれからなので今後の雨に期待したいところです。

梅雨に似合う花といえばアジサイです。今日は、家系図作りは一休みして、鎌倉のアジサイ寺ともいわれる長谷寺に行ってきました。鎌倉の三大アジサイ名所といえば、長谷寺・明月院・成就院です。いずれもこの時期は大混雑です。今日は、その中の長谷寺を選びました。
長谷寺の境内に入ってすぐ、驚くほどの多くのお地蔵さんが並んでいました。写真はその一部ですが、全部で1000体とのことです。

お地蔵様
そこから少し歩くと「あじさいの径(こみち)」と呼ばれる散策路があります。そこに入るには整理券が必要です。券を受け取ってから散策路に入るまでに1時間半ほど待つとのことでしたが、それは予想内のことです。
待っている間に写した大野万木の歌碑です。「観音の慈顔尊し春の雨」と彫られています。歌碑の後ろ側に散策路があります。

大野万木歌碑
アジサイは40種類を超えるとのことで、今の季節は咲き始めて間もない頃なのでいずれの花も綺麗です。

紫陽花の径
散策路からは由比ガ浜が見えます。

由比ヶ浜
長谷寺の後に大仏様を拝観してから横須賀まで行きました。目的は軍艦クルーズです。
横須賀の京浜急行汐入駅近くの汐入ターミナルから軍港巡りの船に乗りました。
こちらには海上自衛隊とアメリカ海軍横須賀基地があるので、多くの自衛隊や米海軍の艦船が停泊しています。
横須賀港を1時間ほどかけてひと巡りしました。30艦以上は停泊していたでしょうか。
写真はその一部です。
左から2番目と3番目は海上自衛隊のイージス艦です。イージス艦が2艦停泊しているのは珍しいことのようです。その近くに米海軍のイージス艦も1艦停泊していましたのでこの付近は日本最大の防衛力があるのかもしれません。
イージス艦
海上自衛

楽しい一日を過ごすことができました。



2016年04月03日 []
昨日(2日)は、三島、沼津方面に出かけてきました。
午前7時半頃出発し、圏央道、東名を走って、午前9時頃、最初の目的地である「三島スカイウオーク」に到着しました。スカイウオークは、全長400mで歩行者専用吊り橋では日本一の長さとのことです。昨年12月に完成したばかりでまだあまり知名度はないかもしれません。富士山と駿河湾を見渡せる吊り橋から見る景色は日本一とのことですが、当日は、あいにくの曇り空で富士山は雲に隠れて見えませんでした。駿河湾ももやがかかっており、青い海ではなく雲と同化したグレーでした。確かに快晴の日に見たら素晴らしい眺めだと思います。晴れていれば写真の右側に富士山が、左側に駿河湾が見えるのですが。晴れた日にもう一度行ってみたいですね。
スカイウオークから

40分ほど滞在し、次は一番の目的地である「三嶋大社」に向かいました。
三嶋大社の御祭神は大山祇命(山森農産の神)と積羽八重事代主神(俗に恵比寿様と称される福徳の神)です。伊豆に流された源頼朝が深く崇敬し源氏再興を祈願したといわれます。また、頼朝の妻、北条政子が奉納したと伝えられる国宝「梅蒔絵手箱」も有名です。
境内には15種200本の桜が植えられており桜の名所でもあります。
参道に植えてある枝垂桜は5分咲きほどでした。
三嶋大社桜

国の天然記念物に指定されている御神木の金木犀(高さ約10m・樹齢1200年)があり、開花時には風向きによっては10km先まで香りが届くとの説明が書いてありました。10kmというのには?がついてしまいますが。今は花が咲いていないため画像は省略します。

三嶋大社には1時間ほど滞在し、途中、昼食をとったあと、苺の食べ放題で沼津の苺ハウス農園に寄りました。この時期のいちご狩りは終わりに近いので中粒か小粒だけになりますが、甘さは抜群でした。昼食の後ということもあり中粒の苺を30個ほどでギブアップです。料金は1200円なので、元を取ったか微妙なところですが、その場で摘まんでもぎたてを食べれるというところに価値があります。
苺ハウス
いちご狩り

その後、帰路につき午後5時頃、帰宅しましたが、昨日は休日なのに車の渋滞が全くありませんでした。休日の上りの東名高速は必ずと言ってほど10kmとか15kmとかの渋滞になるのですが。多分、1日曇り空で行楽客の足が遠のいたもの思われます。
日々の仕事(家系図)を忘れたリフレッシュの1日になりました。


2016年02月07日 []
今日は、伊豆大島に出かけてきました。
伊豆大島は伊豆諸島の中でも一番本土に近い島です。横須賀の久里浜港から高速ジェット船で1時間と気軽にでかけられます。大島は近くにあるのですが、今まで一度も行ったことがありませんでした。今、大島は椿祭りの季節なので、ちょうどいい機会です。
伊豆諸島は東京都であることはご承知のとおりですが、明治11年までは静岡県に属していたそうです。
久里浜港から午前9時35分の高速ジェット船(東海汽船)に乗って、ちょうど1時間後の10時35分に岡田港に着きました。昨日のことですが、同じように伊豆大島に向かう東海汽船の高速ジェット船がクジラと衝突して走行不能になったニュースがあったばかりで、若干の不安はありましたが大丈夫でした。
出港前の高速ジェット船です。
高速ジェット船

大島に着いてから、観光バスで最初に「椿花ガーデンリス村」に行きました。リス村とは言っても、リスが椿の木をかじるなどの被害が多く、リスをやめてウサギに変えたそうです。リスのいない「リス村」です。15万平方mの敷地にたくさんの種類の椿が咲いていました。
リス村椿

三原山近くの大島温泉ホテルで昼食をとり、三原山山頂口に寄りました。
三原山山頂

山頂口から海側を映したものです。海の向こうに見えるのは伊豆半島です。晴れると富士山がきれいに見えるとのことでしたが、今日は雲がかかって見えませんでした。
山頂口から

最後は大島公園です。東京ドーム1.5倍の広さで園芸品種450種とヤブ椿約5000本を有するそうで、広い園内には多くの椿が咲いていました。ただ、若干時期的に早かったようで、咲いている花は少なかった感じがします。今年は第61回のつばき祭りとのことです。
つばき祭り

帰りも岡田港から15時半出発のジェット船を利用して帰りました。
岡田港にいた伊豆大島のゆるキャラ「あんこ猫」とあんこ娘です。かわいいので思わずシャッターを押しました。
あんこ猫

家系図作りをしている合間の息抜きの1日でした。


2014年12月23日 []
今日は、気分転換に車で三島、沼津方面に行ってきました。
午前9時頃出発し、横浜町田インターから東名に入り、一気に沼津まで走り、沼津インターを降りて2時間ほどで三島市近くにある第1の目的地である柿田川湧水公園に到着しました。
11時半くらいに柿田川湧水公園に到着しました。柿田川といえば狩野川水系の一級河川ですが、湧水が源流となって川となっている珍しい川です。柿田川は名水百選にも選ばれてる湧水のきれいな川で、湧水は富士山からの地下水が元になっています。柿田川公園から湧き出る湧き水は、1日に70万トンから100万トンで東洋一だそうです。名水百選に選ばれているため、湧水はとても美味しく、公園内では湧水を利用したコーヒーや日本酒などが多数売られていました。
私は、持って行った紙コップで湧きたての水を2杯いただきましたが、確かにまろやかで美味しかったです。
近くの住民と思われる方たちが列をなして持参した何本ものペットボトルに水を入れていました。多分、この湧水で料理をしたらとても美味しいのでしょうね。私も大きなペットボトルを持っていけばよかったと後悔しています。

柿田川湧き水
次の目的地は、沼津です。沼津で有名な所というと沢山あるでしょうが、沼津御用邸記念公園、千本松公園、三津シーパラダイスなどでしょうか。今回の私の目的は、駿河湾のクルージングです。三津シーパラダイスの近くにある千鳥観光汽船という船会社の小型観光船を利用して、クルージングを楽しみました。
乗客がカモメに「かっぱエビセン」をあげているため、沢山のカモメが寄ってきています。

千鳥丸からのカモメ

当日は、快晴のため富士山がとてもきれいでした。

富士山と淡島
クルージングは20分程度でしたが、風が冷たいため、それくらいがちょうどよかったです。

その後、海鮮浜焼きのバーベキューを食べて、そのまま帰路につきました。



2014年10月27日 []
先週、箱根の千石原へ車で行ってきました。
数年前、当事務所から3qくらいのところに圏央道相模原インターができたことで、圏央道、東名自動車道を通ると箱根まで1時間くらいで行けるため気軽に出かけられるのです。
圏央道と言えば、今年の春、相模原−八王子の区間が開通し、それによって東名−中央−関越道−東北道が繋がり本当に便利になりました。

当日は、出発時は曇りでしたが、途中、雨に変わり、千石原に到着したころは、どしゃ降り状態になってしまいました。天気予報は、曇り、雨だったので、当日は避けた方が良かったのかもしれませんが、仕事も一段落したところだったことで、また、忙しくなる前にと思って出かけました。雨は覚悟の上です。

千石原は、ご存知の方も多いかと思いますが、ススキで有名です。江戸時代、広い土地だったので穀物を作る目的で開拓したのですが、富士山の近くのため、火山灰土壌で作物はうまく育たなかったようです。それで、屋根葺き用のカヤを作ったということですが、時代とともにかやぶき屋根の家はなくなってしまったため、今は、観光地として活躍しているようです。
千石原は、春には山焼き(ススキだけを育てるため)、夏は青いススキ、秋は黄金色から白色に変わるため、それぞれの季節で楽しめます。
あいにくのどしゃ降りの雨でしたが、ずぶ濡れになりながら遊歩道を歩き、それなりに楽しんできました。

雨の仙石原

千石原を後にしてからは、東名を走ってまっすぐ帰宅しました。