ビジネスブログ

家系図作成
お問い合わせ
家系図作成
2016年02月13日 [時事]
リニア中央新幹線は既に工事に入っています。東京都-名古屋市間の完成予定は平成39年(2027)ですから、予定通りに工事が進んで今から11年後です。
日本の鉄道の始まりは明治5年(1872)の新橋駅−横浜駅間開通です。それから92年後の昭和39年(1964)「夢の超特急」といわれた東海道新幹線が開業し、さらに予定通りにいけば新幹線開業から63年後にリニア中央新幹線が完成することになります。リニアの速さは時速500qとのことですが、理論的には1000q/hも可能とのことです。昨日、テレビでホンダの開発したジェット機についてのニュースがありましたが、そのジェット機の巡航速度が約780/hですから、リニアは空を飛ぶような速さということになります。日本に鉄道が出来てから150年程度で地面から浮き上って走行する超高速鉄道が実用化されるのですから驚くばかりです。

リニアは、各都道府県に一つの駅ができますが、神奈川県は私の住んでいる相模原市橋本に白羽の矢が立ちました。橋本駅は我が家から横浜線で三つ目の駅ですから本当に便利になりそうです。
完成したらすぐにでも乗って窓の外を見てみたいと思っているのですが、どうも外の景色を楽しむような場面はないようです。品川−名古屋間約285qのうち250q、約90%がトンネルです。ちなみに品川駅から神奈川県駅(橋本)までの42qは全てトンネルです。この42qのトンネルが一番長いもので、二番目は岐阜県可児市から名古屋駅までの約34qです。これでは外を見ても暗闇です。わずかな地上走行区間も防音壁などで覆われますので、景色を見る機会はなさそうです。もっとも東京−神奈川県駅間の42qの所要時間わずか10分という速さですから、仮に外が見えたら目が回ってしまうのかもしれません。
リニア完成後は、今までにもまして「あなたは速さを選びますか、それとも旅情を選びますか」という選択になりそうです。でも従来の新幹線や飛行機のほかに選択肢が増えるわけですから、それも旅の楽しみの一つになるのではないでしょうか。
もしかしたら11年後の私は、家系図作成での現地調査のためリニアに乗っているのかもしれません。

2015年10月20日 [時事]
特殊詐欺といえば言うまでもなく電話などを使って不特定多数の人をだます詐欺のことでですが、その被害額は昨年過去最多の559億円だったそうです。
大分昔ですが、「3億円事件」というのがありましたが、その当時、3億円という額があまりにも大きいということで大変な話題になりました。3億円事件が起きたのは50年ほど前ですが、現金強奪事件ではその当時最大の額でした。その後、額ではそれを超える額の事件は発生しています。しかし、それを現在の貨幣価値にすると10億円ですが、貨幣価値でみると現在に至るまで日本では最大の被害額とのことです。
それに対して特殊詐欺の被害額は559億円です。いかに大きな額かが分かります。

以前は、息子や孫になりすまして口座にお金を振り込ませるのが多かったのですが、最近はだまし方も様々です。昨年は、架空の株などの購入を持ちかける「金融商品詐欺」の被害が195億円で一番多かったそうです。
昨年、摘発された容疑者は1990人ですが、その中に含まれる主犯格は74人にすぎませんでした。何でも元を絶たなければダメです。警察は捜査を強化するとのことですが頑張ってもらいたいと思います。

以前、振り込め詐欺対策に留守電が効果的とのことを聞いたことがあります。それをヒントに我が家では留守電を使うことにしました。我が家では特殊詐欺対策だけでなく、+セールス対策なのです。振り込め詐欺の電話はかかってきたことはありませんが、セールスの電話が多くて困っていました。
セールスの場合は留守電にまで録音しないですぐ切ってしまいます。しかし本当に用がある方は留守電に録音をします。録音し始めると話し声が聞こえますのですぐ受話器を取ると通話ができるわけです。知り合いは携帯電話にかけてきますし。
留守電にして以来、セールスの電話対応に時間をとられなくなり本当に助かっています。もちろん知人や仕事等の電話が多い家では真似はできませんが。
ただ、本当に世知辛い世の中になってしまったと思います・・

2015年06月15日 [時事]
日本年金機構のパソコンがウイルスに感染して大量の個人情報が流失しました。年金情報には高齢者の個人情報が含まれているため、新たな年金に関わる詐欺が危惧されるところです。
今回、パソコンの端末に送りつけられたウイルスメールを開いてしまったことがきっかけのようです。メールは不自然さがないようなタイトルをつけて、差出人も実在の組織名等を使うため不審なメールと気づきにくくしてあります。
今月13日の読売新聞に「サイバー攻撃ここに注意」という見出しの記事が掲載されていました。それによると、次の点に気をつけてほしいとのことです。
1 送り主のメールアドレスがフリーメールの場合
グーグルやヤフーのフリーメールは無料でアドレスを取得し匿名でも利用できるため、企業や公的機関などからの通知がフリーメールで届くことはない。
2 添付ファイルの名前
文書ソフトの「ワード」の場合、例えば「医療費通知.doc」又は「医療費通知.docx」と表示されるのが正常だが、ウイルスが仕込まれたファイルは「医療費通知.exe」などとなっている。「.exe」は、プログラムの実行ファイルを示す表示である。ワード文書を装ってウイルス感染のプログラムを実行させようとしてる可能性が高い。

最近は、「ワンクリック詐欺」、「フィッシング詐欺」の被害が多いとのことです。
それらの防止策は、
@ 基本ソフト(OS)を常に最新版にしておく。
A パソコンに入った他のソフト、アプリも最新版に更新しておく。
B セキュリティソフトを導入する。
C 無線LANによるネット接続をしている場合は通信の暗号化をしておく。
D 不審なホームページやメールは開かない。

現在、銀行に行かなくても自宅のパソコンで預金残高を確認したり、振込みをしたりできるネットバンキングの利用が増えていますが、銀行の場合、被害がお金になりますので特に注意が必要かと思います。

パソコンは現代社会には欠かせないものとなっていますが、便利さの裏には多くの危険が隠れていることを忘れてはいけないかと思います。

2014年10月02日 [時事]
以前、JAXA(宇宙航空研究機構)相模原キャンパスの見学についてブログを書いたことがあります。JAXAは当事務所から300mくらいの近くにあるため、キャンパス内を一般公開したとき行ってきたのですが、小惑星「いとかわ」から岩石のかけらを持ち帰った「はやぶさ」の説明を聞いてきました。「はやぶさ」の奇跡的な帰還には感動です。

この9月30日、H-IIAロケット26号機による小惑星探査機「はやぶさ2」が完成し、2014年11月30日に打ち上げ予定と決まった旨の発表がありました。
18年半ばに小惑星に到着し、岩石や砂などを採取して、19年末に帰路につく計画で、52億キロの旅を繰り広げるとのことです。そして、東京五輪・パラリンピックを開催する20年末に地球に戻る計画。もし、これが成功すれば、東京五輪・パラリンピックの年に更なる花を咲かすことができます。
五輪に期待することは、世界のトップアスリートを間近で見れるというのはもちろんですが、間接的には大会開催で得られる経済効果です。外国からの観光客やテレビの買い替えなど、総額で3兆円に上る試算がされています。
バブル崩壊以降、長いデフレが続いた中にあって、このところようやく景気回復の兆しが見えてきています。東京五輪に経済面で期待するところは大きいですが、同じ年に「はやぶさ2」無事帰還を実現することも心理面において大きなブラス効果になるかと思います。

2014年09月29日 [時事]
御嶽山が突然噴火しました。御嶽山は過去の気象データが少なく、今回の噴火を予知することができなかったといいます。登山者において多くの死傷者が出ているとのことで、更なる拡大が心配されます。
山頂付近では30人以上の登山者が倒れていたそうです。気象庁によると、今回噴火した火口から半径1qの範囲では、最大で50〜60cmの噴石が飛び散っていたそうで、それに当たったら人間ひとたまりもないでしょう。

人間は、その英知を誇り、科学を発展させ続けてきました。しかし自然に対しては無力ともいえます。
私たちは、大きな宇宙の中の地球という惑星の地表の一部を間借りして生きている小さな存在にすぎません。
自然は、偉大で美しく、地球に生きる生物に多大な恵みを与えてくれます。私たちは、その恵みによって生きています。しかし、自然は時として人間に牙をむくこともあります。それも自然であることを忘れてはいけないと思います。
多数の不明者の安否が気になるところです。

2014年09月17日 [時事]
昨年12月、中央防災会議において、首都直下型地震(M7級)30年以内に70%の確率で起きるとされ、最悪の場合、死者2万3000人、経済被害95兆円を上るとの想定の発表があったことはまだ記憶に新しいところです。
政府の想定震度6強であった場合、運行している列車の23.1%が脱線し、震度7になった場合は92.9%にもなるとのことです。東京の交通網はほとんど麻痺してしまいます。
大地震が起きて密集地で一番怖いのは「火災旋風」です。いわゆる炎が竜巻になる現象です。関東大震災では、現在の墨田区の避難場所にいた4万人が巨大な火災旋風に巻き込まれ、避難者のほとんどを占める3万8千人が命を落としました。
火災旋風は、直径数十メートルで高さは20〜30mにもなるというのですから、巻き込まれたらまず助かることはないでしょう。火災旋風から逃れるためには、できるだけ周囲の火災の影響を受けにくい広い敷地の広域避難場所へ逃げる必要があります。まずは財産よりも命です。
また、消防などの公共機関に助けを求めても、全く期待はできないでしょう。阪神・淡路大震災では生き埋めになった方の約77%が近隣住民等の手で救出されています。したがって、頼りになるのは近所の住民同士の助け合いということです。

今までは、「グラッときたら火を消す」と言われていました。しかし、最近では、ほとんどの家では震度5程度の揺れを感知すると自動的にガスは遮断されますので、火を消すより身の安全の確保を優先させることが大切のようです。家の下敷きにならないために戸を開けて逃げ道を確保しておくということです。
地震がいったん治まって家から離れる際は、ガスの元栓を締め、通電火災を防止するため電気のブレーカーも落としておく必要があります。

30年以内に70%の確率というのですから今すぐ起こるかも分かりません。
「備えあれば憂いなし」ということでしょうか。


2014年08月16日 [時事]
今日、明日がお盆休みの帰省Uターンラッシュとのことで、東京に向かう高速道路は50qとか60qの渋滞が予想されるそうです。テレビでは朝から高速道路の渋滞情報や新幹線、航空機等の混雑情報を繰り返し放送しています。年間でまとまって取れる休みは、正月、ゴールデンウイーク、お盆という限られた期間に集中しているのですから、その時期に大移動が始まるのはやむを得ないですね。
私は、最近では特に混雑が嫌で、渋滞や混雑するところは避けるようにしています。でも、若い頃は、やっぱりまとまって取れる休みに家でじっとしていることはもったいないということで、混雑など関係なく移動していました。みんな一緒の渋滞だという気分的なものもあるせいか、あまり苦痛に感じなかったような気がします。

高速道路の渋滞と言えば、数日前、NHKテレビで高速道路で渋滞が発生するメカニズムについての説明をしていました。渋滞が発生する原因は坂道にあるというのです。高速道路は、安全のため、できるだけカーブや上り下りの勾配を少なくしています。そのため、高速で走っていると、下りなのか上りなのか全く分からなくなることがあります。上り坂ということが分かれば、アクセルを踏んで一定の速度を保とうとしますが、平坦な道を走っていると思っていたところ気が付かないうちに上り坂に入ってしまっていると徐々に速度が落ちてしまいます。すると後続車がブレーキをかけ、さらにそのまた後続車もブレーキをかけるという連鎖によって渋滞になるというのです。

そこで、渋滞対策として説明していたのが「スローイン、ファストアウト」。
「スローイン」とは、渋滞に近づくときには、ゆっくりと近づく。それにより渋滞の後ろの尾の部分が短くなる。
「ファストアウト」とは、前の車が動き出したら、少しでも早く動き出す。これにより前の部分の渋滞が早くなくなる。
渋滞の長さが2kmくらいまでであれば、渋滞の4〜5km手前から約70km/hスピードで行けば、渋滞領域に到達する頃には渋滞がかなり小さくなるそうです。

こうした対策はみんながやることで効果が出るのでしょうから、警察の免許更新時の講習の時にでも教えてもらえると助かりますね。

2014年08月07日 [時事]
燃料電池車とは、空気中から取り入れた酸素と、燃料の水素を化学反応させて電気を起こしてモーターで走る車で話題になっています。水素と酸素ですから出るのは水のみ。究極のエコカーです。
ついこの間まで、燃料電池車は1台作るのに1億円とか言っていたのですが、年内にもトヨタが700万円程度で、ホンダが来年、日産が17年にそれぞれ発売するそうです。そしてトヨタの年内の販売に合わせて、政府の補助金1台200万円〜300万円を支給する方針を固めたとのこと。
まだまだ先の話と思っていたのが、一気に現実のものとなりそうです。700万で補助金が仮に250万円だとすると450万円くらい。庶民にも手が届くところにきたというところでしょうか。

何しろ、燃料電池車の良いところは、エコは言うまでもないのですが、水素補てん時間は3分、航続距離700qですから、ガソリン車とほとんど同じです。また、災害時等には家庭用の電気であれば1週間分ほど供給可能といいますから、本当に夢のような車ですね。今後、水素補填のインフラ整備がガソリンスタンド並みに整えば、もしかしたら10年後の市場は水素自動車にかわってしまう可能性がありますね。

一番懸念するのは事故の際の安全性ですが、調べてみると、水素等の高圧ガスを規制する法律は「高圧ガス保安法」とのことですが、規制上はタクシーに使われている圧縮天然ガスと同等に緩和されているようです。
タクシーがこれだけ走っていて爆発事故を起こしていないというのは、ちょっと安心材料です。

この先、我が家もぜひ燃料電池車にしたいと思いますが、補助金があったとしてもまだ苦しい価格帯ですね。
結局、我が家は中古車がでるまで待つことになりそうです。

2014年08月05日 [時事]
地球温暖化が進行する中、東京の平均気温は過去100年間で約3度上昇しているそうです。
東京と言えば、6年後の真夏に「東京オリンピック」が開催されますが、確かに、真夏の炎天下にコンクリートで覆われた東京で、マラソンや自転車ロードレースをやるのは無茶な気がします。熱せられたアスファルト道路の温度は60度くらいになると言われています。これでは、レース以前に多くの選手が熱中症で倒れてしまいそうです。
そんなことで、環境省は、選手や観客の熱中症予防や、ヒートアイランド現象の抑制に乗り出す方針を固めたたようです。同省の構想では、マラソンなどの屋外の道路を利用した競技の熱中症対策として、人工的に発生させた霧を沿道の観客やコース上の選手に吹きかけるミスト噴霧器の設置。雨水いを吸収して大気中に水蒸気を放出する「保水性舗装」や、地下水を循環しやすくする「透水性舗装」を施して、地表面などを冷却するなどの方法だそうです。

前の東京オリンピックは1964年にありましたが、その当時は、スポーツをしている最中、水分をとらない方がよいと考えられていました。しかし、東京オリンピックで熱中症で倒れたとか、死亡したとかの話があった記憶はありませんが、実際には、たくさんあったのでしょうね。
調べてみると、1960年代、アメリカではアメリカンフットボール選手の脱水症、熱中症による死亡者が多発していたとのことです。選手は、練習中は2.5リットル以上の汗をかいていたにもかかわらず、当時、医学知識に乏しく、過酷なトレーニングを乗り越えて初めて強い選手が育つものと考えられていました。そのため十分な水分補給をしなかったそうです。

考えると、私の中学時代もスポーツをしている際には水を飲むなと教えられていました。先輩に理由を聞くと、腹が痛くなるからとか言っていましたが、私を含めてほとんどの人が普通に水を飲んでいました。水を飲んでから運動しても腹の痛くなる人はいませんでしたから、私はほとんど信用していませんでした。
多分、あの当時、熱中症で倒れたとしても、医学知識として熱中症というものがなかったのですから、保健室のベッドに寝かせられただけなのでしょう。怖いですね。
昔は、スポーツについて、根性論、精神論を必要以上に重視する人が多かったように思います。今のようなスポーツ科学というものがなかった時代ですから仕方がないかもしれませんが。


2014年07月24日 [時事]
日本人は、本当にうなぎ好き。私もその一人で、この暑い時期にはうなぎでも食べてスタミナをと考えてしまいます。うなぎ屋さんの前を歩いていると、漂っているうなぎの蒲焼き特有の香ばしい香りには魔力のようなものがあります。だけど、日本産のうなぎは高くて、値段を見るとちょっと躊躇してしまいますよね。

そんな中、昨日、「絶滅危惧のヨーロッパウナギが中国経由で日本に大量輸入」とのニュースがありました。絶滅の恐れがある生物に指定され、2010年12月以降、欧州が輸出を禁じているヨーロッパウナギが中国から大量に輸入されていることが分かったとの内容です。
スーパーなどで販売されているうなぎの蒲焼きで中国産と表示されているのは、ヨーロッパウナギなのでしょうか。中国産は安いので気軽に食べられますので、私もときどきお世話になっています。だけど、もしそれがヨーロッパウナギだったとしたら、知らなかったにしても、絶滅危惧種を食べていたことになってしまいます。ヨーロッパウナギでなかったことを祈ってしまいます。
2016年に開催予定のワシントン条約の締結国会議では、ニホンウナギの取引も議題に上がる可能性もあるようです。
日本人は、世界のウナギの約7割を消費しており、「日本はウナギを絶滅させるつもりなのか」と非難する声も上がっているそうです。
「土用丑の日」を前に、複雑な気持ちになってしまいました。