ビジネスブログ | 家系図作成 33000円から ”先祖の歴史を後世に伝えたい”

家系図作成
お問い合わせ
家系図作成
2015年07月05日 [暮らし]

疲れ目

テレビやパソコンの他、最近ではスマートフォンなどを使う人が増えていることで、目を酷使している人が増えているのではないでしょうか。何でも使いすぎれば故障?します。人間の身体も同じで適度の休養が大切かと思います。

パソコン作業
疲れ目などと軽く考えてはいけないようです。疲れ目をそのまま放置しておくと深刻な眼精疲労になることもあり、目がかすむ、目が痛い、充血する、まぶしい、涙が出るなどのほか、頭痛、めまい、吐き気、倦怠感などの症状がでてくることもあるそうです。
私も主にパソコンで仕事をしているせいか、目がゴロゴロしたり、ときどき痛みを感じたりします。
そこで目にいいこととについて調べてみたところ、次のように目の生活環境を変えることが大切とのことです。
@ 紫外線を防ぐこと
紫外線を長い間浴びると、目の角膜に炎症が起きたり、白内障の原因になることもあるため、紫外線から目を守るためには、日傘や防止などの他に、日差しが強いときはUVカット効果の高いサングラスを使う。
A パソコンやテレビを見るときは目より下に置く
上から見下ろすように見ると目を見開くことがないため乾燥しない。長時間のパソコン作業をせず、適度に目を休める。
B 乾燥させない
目には乾燥が大敵なので部屋の湿度は50%以上にする。

その他、目に良い食べ物についてですが、特に青紫色の食物には眼精疲労を改善するアントシアニンが入っています。代表的なものは、ぶどう、ブルーベリー、なす、紫キャベツなどですが、アントシアニンは抗酸化作用が高いので老化防止にも効果的とのことです。

そんなことで、私は、早速、ブルーベリージャムを買ってきて朝食のパンに付けて食べ始めました。
ただ、効果が出るころには飽きてしまいそうですが。


  • 「お問い合わせ」「資料請求」はこちらから(SSL通信)
  • お問い合わせ
  • 資料請求

PageTop