ビジネスブログ | 家系図作成 33000円から ”先祖の歴史を後世に伝えたい”

家系図作成
お問い合わせ
家系図作成
2014年07月24日 [時事]

うなぎ

日本人は、本当にうなぎ好き。私もその一人で、この暑い時期にはうなぎでも食べてスタミナをと考えてしまいます。うなぎ屋さんの前を歩いていると、漂っているうなぎの蒲焼き特有の香ばしい香りには魔力のようなものがあります。だけど、日本産のうなぎは高くて、値段を見るとちょっと躊躇してしまいますよね。

そんな中、昨日、「絶滅危惧のヨーロッパウナギが中国経由で日本に大量輸入」とのニュースがありました。絶滅の恐れがある生物に指定され、2010年12月以降、欧州が輸出を禁じているヨーロッパウナギが中国から大量に輸入されていることが分かったとの内容です。
スーパーなどで販売されているうなぎの蒲焼きで中国産と表示されているのは、ヨーロッパウナギなのでしょうか。中国産は安いので気軽に食べられますので、私もときどきお世話になっています。だけど、もしそれがヨーロッパウナギだったとしたら、知らなかったにしても、絶滅危惧種を食べていたことになってしまいます。ヨーロッパウナギでなかったことを祈ってしまいます。
2016年に開催予定のワシントン条約の締結国会議では、ニホンウナギの取引も議題に上がる可能性もあるようです。
日本人は、世界のウナギの約7割を消費しており、「日本はウナギを絶滅させるつもりなのか」と非難する声も上がっているそうです。
「土用丑の日」を前に、複雑な気持ちになってしまいました。


  • 「お問い合わせ」「資料請求」はこちらから(SSL通信)
  • お問い合わせ
  • 資料請求

PageTop