ビジネスブログ | 家系図作成 33000円から ”先祖の歴史を後世に伝えたい”

家系図作成
お問い合わせ
家系図作成
2014年08月18日 [相続]

「遺言」の読み方

一般的に、「遺言」は「ゆいごん」と読んでいる方が多いかと思います。国語辞典には、「ゆいごん」となっているからです。しかし、法律用語辞典では「いごん」と書いてあります。
このように国語辞典と法律用語辞典との読み方が違う言葉はよくあります。
「競売」もそうです。テレビのニュースを見ているとアナウンサーは「きょうばい」と言っています。国語辞典にそのように書かれているからでしょう。しかし、法律用語辞典では「けいばい」と書かれています。
他にも国語辞典と法律用語辞典では違う読み方をするものがあります。

なぜ、このように違うのかについての説はいくつかあるようですが、言葉によっては一般的に用いる意味と、法律上の意味とが違うというのが一つの説です。
例えば「遺言」は、よくテレビドラマ等に出てきますが、亡くなる前に家族を呼んで自分の意思を伝えるのが、世間で一般的な「遺言」(ゆいごん)の一つの形ですが、法律的にみるとそれは「遺言」(いごん)にはなりません。法律上の「遺言」は、日付入りの自筆で書くなど、民法で定めた形式を一つでも欠くと遺言としての法律上の効力がないからです。

「ゆいごん」でも「いごん」でも間違いではないのですが、ちょっとややこしいですね。


  • 「お問い合わせ」「資料請求」はこちらから(SSL通信)
  • お問い合わせ
  • 資料請求

PageTop