ビジネスブログ | 家系図作成 33000円から ”先祖の歴史を後世に伝えたい”

家系図作成
お問い合わせ
家系図作成
2014年07月18日 [戸籍]

DNA父子訴訟

昨日、注目されていた最高裁のDNA型鑑定による父子訴訟の判決がありました。最高裁は、「鑑定で血縁関係が否定されても、父子関係は無効にできない」との判断を示しました。今回は、旭川と大阪の両家裁に提訴された2件の訴訟において、いずれも婚姻中の妻が夫とは別の男性の子供を出産しました。妻子側は、DNA鑑定で夫と子供に父子関係はないとする結果を基に、父子関係の無効を求める訴えを起こしたのです。
最高裁は、血縁を重視した下級審の判決を取り消し、民法772条「婚姻中の妻が妊娠した子は夫の子と推定する」との規定を重んじる判断をしました。ただ、5人の裁判官の2人は反対意見であったとのことです。
判決は、民法の嫡出推定による子供の身分の法的安定を重視した結果となりましたが、反対意見の裁判官は「法律上の父親より、同居している血縁上の父親の方が子供を監督・保護できる。抽象的な法的安定の維持を優先させることが良いとは思えない」と指摘しています。
1,2審の結果、最高裁の3対2による判決からみても、担当する裁判官が違っていたら正反対の結果となったかもしれないような難しい問題です。本判決は最高裁なので訴訟はこれで確定することになります。

1,2審の判決、最高裁の判決と2人の反対意見のいずれも、その根底にあるものは自分で環境を選択することのできない当事者の子が幸せになって欲しいという願いが込められているものではないでしょうか。


  • 「お問い合わせ」「資料請求」はこちらから(SSL通信)
  • お問い合わせ
  • 資料請求

PageTop