ビジネスブログ | 家系図作成 33000円から ”先祖の歴史を後世に伝えたい”

家系図作成紀行
お問い合わせ
家系図作成
2014年12月24日 [戸籍]

遺産相続に必要な戸籍

人がなくなると遺産相続があります。
生存している配偶者と子は最優先になります。したがって、第一順位の子がいると、第二順位の親と第三順位の兄弟姉妹には相続分はありません。
それでは、例えば父親がなくなったとします。すると配偶者である母親と子がいれば、父親の親である祖父母と父親の兄弟には相続分はありません。
子が婚姻していなければ現在の戸籍に、父、母、そして子がすべて載っています。
相続人となる人が全て載っているとして、現在の戸籍謄本を証拠として銀行に預金の相続を申し出ても銀行は受け付けてくれません。他にも相続人がいる可能性があるからです。
それでは、どの戸籍をとる必要があるのでしょうか。

父親の戸籍を遡ると必ず複数の戸籍があります。
@父親が生まれたときに出生届けをした戸籍 
A父親の婚姻に伴い作った新しい戸籍 
Bその後、戸籍の様式が変わったことにより新たに作成した戸籍
Cそのほかにも転籍などに伴う戸籍もあります。

なぜ、すべての戸籍が必要かといいますと、例えば上記の@の戸籍にいたときに父親が認知した子がいるかもしれません。それは@の戸籍がないと分かりません。仮に父親が再婚していたとして、前妻との間に生まれた子が婚姻しているとその子は別の戸籍が作られるため、現戸籍では分かりません。

そんなことで、生まれてから亡くなるまでの間の全ての戸籍が必要ということになるのです。




  • 「お問い合わせ」「資料請求」はこちらから(SSL通信)
  • お問い合わせ
  • 資料請求

PageTop