軍歴証明書|家系図作成 33000円から ”先祖の歴史を後世に伝えたい”

家系図作成紀行
お問い合わせ
家系図作成

軍歴証明書

軍歴証明書とは?

「軍歴証明書」とは、先の太平洋戦争で日本の軍隊に所属していた方々の軍隊(旧帝国陸海軍)での記録(兵籍簿等)です。具体的には、旧帝国陸海軍の軍人・軍属の任免、配属、賞罰、傷病、進級、昇給等の処遇について書かれた記録です。その記録は、陸軍に所属していた場合は各都道府県に、海軍に所属していた場合は厚生労働省に保管されており、一定の親族であればその写し等の記録を請求することができます。

原爆慰霊碑

請求できる親族は、役所によって異なりますが、原則として本人又は三親等以内の親族になります。したがって請求できる親族は自分からみて曽祖父までとなりますが、終戦からすでに80年近く過ぎておりますので、請求できる親族も年々少なくなっていくことになります。家系図を作成する機会等に併せて請求されることをお勧めいたします。

軍歴証明書

軍歴証明書は機微な個人情報が含まれており、ご本人が生存している場合は本人請求が望ましいですが、健康上の理由等で本人請求ができない等のためご家族が請求されるような場合は、事前にご本人の同意を得てください。
軍歴証明書ご案内
兵籍簿イメージ
家系図と同じように軍歴証明はご先祖の大切な記録です。戸籍には戦死、戦病死等の死亡の記録は書かれていますが、それ以外、兵隊だったときの情報は書かれていません。あなたの家で戦争に行ったとか戦争で亡くなったと聞いているご先祖はいませんか。もしいるようでしたら、ぜひ、この機会に軍歴証明書を請求してみてください。家族の歴史をより深く知ることができることになります。
当事務所では、あなたに代わって軍歴証明書の請求をすることができますので、お気軽にお問い合わせください。

当事務所に依頼されて取得した軍歴証明関係の書類は、専用のポケット付き紙製ファイル(グレー地に金色の文字)に入れてお届けいたします。

軍歴証明書入れ紙製ファイル

どこに請求する?
 請求先は陸軍に所属か海軍に所属かによって異なります。
陸軍所属の場合 終戦時(昭和20年8月15日)の本籍所在地の都道府県庁
ただし、陸軍軍属であっても高等文官、従軍文官については厚生労働省になります。
海軍所属・陸軍文官の場合 厚生労働省
請求できる記録の対象は?
主に満州事変(昭和6年)から太平洋戦争終戦(昭和20年)までの間に陸海軍に所属していた軍人等が対象になります。ただし、終戦時の混乱期による消失や火災等により記録が存在していなかったり、終戦間際の入隊は記録が作成されていないこともあります。

零戦

申請できる親族の範囲は?
請求先によって異なります。多くの都道府県が本人及び血族3親等以内からの請求まで認めていますが、本人しか認めずに本人死亡の場合のみ親族請求を認めているところ、任意代理人による請求を受けない都道府県庁もあります。そのため事前に該当する都道府県庁に問い合わせる必要があります。任意代理人による請求ができない場合は当事務所で必要な書類を集めるなどのお手伝いをいたします。
申請に必要な書類は?
担当官庁に提出する交付申請書
(様式はホームページで確認できます)
請求者の身分証明書コピー
(運転免許証、マイナンバーカード等)
対象者本人と請求者の関係が分かる戸籍謄本
(婚姻等による改姓があるときはそれを確認できる戸籍も含む。)
対象者本人の終戦時(昭和20年8月15日)の本籍地の記載された戸籍謄本
委任状(当事務所で代理請求する場合)
当事務所にご依頼いただく場合の流れ
1 事前に当事務所にお問合せフォーム、お電話等でお問い合わせください。その際、分かる範囲で構いませんが、次の事項をお知らせいただけると、その後の対応がスムーズにできます。
@ お問合せ者のお名前と住所、連絡先等
A 調査対象者のお名前・生年月日・終戦当時の本籍地
B 調査対象者との関係
C 調査対象者の所属→陸軍か海軍か
2 事前に当事務所にメール、お電話等でお問い合わせください。その際、分かる範囲で構いませんが、次の事項をお知らせいただけると、その後の対応がスムーズにできます。
@ 「軍歴証明請求依頼書」(当事務所用)1通
A 「委任状」1通(都道府県庁と厚生労働省の2か所に請求する場合は2通)
B 「身分証明書コピー」(運転免許証等)
C 「戸籍謄本」(取得済みの場合。取得していないときは当事務所で取得します。)
※ 該当者の記録等がない旨の回答があった場合はそれで終了となり、料金は不要となります。
3 海軍に所属していた場合、厚生労働省では事前の問い合わせを受け付けておりませんので、直接、個人情報開示請求をすることになります。
その結果、厚生労働省から該当者がいないとの回答(文書)があった場合でも返金はいたしません(当該文書はお渡しいたします。)。
軍歴照会料金(税込・送料込)
当事務所で家系図作成をご依頼いただいた方 1役所に付き20,000円(定額制)
軍歴証明のみお申込みの方 1役所に付き23,000円(定額制)
※例えば、都道府県庁と厚生労働省の2か所に請求する場合は2件分の料金になります。
※定額制ですので、戸籍請求料、発行手数料、送料、切手電話等通信料、消費税等全ての料金が含まれます。
軍歴照会をご希望の方は、事前に当事務所宛に下の「お問い合わせフォーム」かお電話で問い合わせた後、次の3種類の書類を当事務所宛に送付してください。
1,「軍歴証明請求依頼書」 1通
  軍歴証明請求依頼書ダウンロード(PDF)

2,「軍歴照会委任状」1通又は2通 
  軍歴照会委任状ダウンロード(PDF) 

軍歴、船

3,「身分証明証コピー」1通
運転免許証・住民基本台帳カード(写真付き)・マイナンバーカード(裏面コピー不要)のいずれかの写し1通。ただし、違う種類の身分証明書コピーも必要とする都道府県庁もありますので、事前に当事務所にお問い合わせください。
 ※身分証明書コピーは、当事務所に家系図作成をお申込みいただいている方は不要になります。
  • 「お問い合わせ」「資料請求」はこちらから(SSL通信)
  • お問い合わせ
  • 資料請求

PageTop


gtag('config', 'UA-174027502-2');